失敗しない不動産売却の確認事項

 

不動産売却に失敗しないためには、幾つかの確認事項をクリアしているか見極めることが大切です。
まず、重要なのが売却するタイミングです。
どうしても今すぐ資金が必要という場合は別ですが、時期を選べる余裕があるなら、不景気で不動産相場が全体的に下がっているときなどは避け、上昇気流に乗る時期まで待ちましょう。
買い替えのため、直ぐに売りたい場合も、今すぐ資金が必要といった売り急ぎの状況を悟られると、相手に足元を見られてしまいます。
安く買いたたかれる虞もあるので、なるべく平静を装って、いくら以下では売らないと明確な基準を掲げて交渉に臨むことが望ましいです。
そして、どの業者と取引するかも重要です。
一般的に、個人が直接、買主を探すことは稀で、不動産会社に売買の仲介を依頼します。
業者やその担当者によって、経験値もノウハウも異なり、買主の見つかるスピードや値段交渉に大きな違いが出ます。
大手だからいいわけではなく、地元密着の経験が長い人ほど、スピーディーにベストな買主を探し出せ、交渉が上手いケースがあります。